ネイビーシールズ・独占インタビュー!

 
9月15日放送のWWNはいつも以上にドキドキなテーマでしたね。
世界最強の特殊部隊といわれるアメリカ海軍のネイビーシールズ。
その最強兵士の一人と呼ばれるマーカス・ラトレルさんに
なんと近兼編集長が独占インタビューをされたという事で
貴重な取材談を聞く事ができました。
その時の様子の写真がこれです!
 
 
国家の秘密を守る為に、アメリカ人でも会うことは不可能に近いといわれるシールズの隊員。
編集長は、なぜ直接お会いできるのでしょう???
ますます近兼編集長は何者なんだ!?
と思われた方も多いのではないのでしょうか?
もちろん私もその一人です(笑)
でも、絶対に他では知る事ができない、
マーカス・ラトレルさんの話を聞けるなんて本当にラッキー!(笑)
ただ、編集長がインタビュー中、マーカスさんの手を見て、
「小柄な中東のテロリスト達は、力ではかなわないのでアメリカ兵の小指を折ろうとする」
という話を確認する為に、
指が折られていないかを確認したという話は強烈すぎて、気絶しそうでしたが。。。
 
そして今回もスタジオにゲストの方が遊びに来てくださいました!
道頓堀プロレス、初代チャンピオンの空牙さん。
 
 
「戦いのプロ」という意味で、
プロレスラー・空牙さんの目線で色々な意見を聞かせていただきました。
そんな空牙さんが所属する道頓堀プロレスがもうすぐ一周年。
それを記念した大会が
9月23日(火祝)
住吉区民センター大ホールで開催されます♪
詳しくはこちらをチェックしてくださいね!
 
編集長のマーカスさんへのインタビューは新聞や雑誌の記事になっています
 
 
でも、紙面には載せられなかった話をたくさん番組で聞かせてもらえるそうです。
今週は特殊部隊の隊員の「手のケガ」の話をしましたが、
来週は彼らの独特な「目の使い方」の話をしてくれるそうです。
みなさんお聞き逃しなく^^♪

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメント 1 件

進撃のディ・マリア より:

有吉に代わって編集長にあだ名を

「11歳男子の妄想野郎」 

コメントをどうぞ